お問い合わせ
  • 加美電機株式会社ホームページ
  • LED電球・LED照明
  • 基板実装・組立
  • 設備・製造工程
  • 会社情報
  • メディア
  • 採用情報
  • 会社概要・事業内容・社長あいさつ
  • 沿革・社是・守るべき心
  • 品質方針・環境方針

沿 革

1983年10月 加美電機株式会社 設立(加美町豊部)
 プリント回路組立専門工場とする
1985年12月 熊野部農耕団地に新設移転
 土地15,600㎡ 建屋 1,040㎡
1986年01月 自動挿入機導入
1988年11月 チップマウンター導入  MQシリーズ 2ライン設置
1989年09月 富士通周辺機(株)  OA機器基板生産開始
1992年02月 キャロルタッチインターナショナル日本支社
 各種基板生産開始
1992年04月 池田電機(株)  民生用機器基板生産開始
1996年09月 グローリー(株)  各種制御基板生産開始
2000年04月 工場拡張  チップ9ライン N2リフロー6ライン
2001年11月 Tyco Electronics/ELO(USA)と直接取引開始
購買部門新設
2002年01月 電動車イス発表(Gデザイン賞受賞)
2002年12月 ISO9001取得
2003年07月 日亜化学工業(株)と取引開始
2003年08月 資本金増資 3,100万円
2004年07月 (株)オンテックと取引開始
2006年02月 高輝度白色LEDを使用した停電時点灯器"レス球"開発
2006年04月 ネッツエスアイ東洋(株)と取引開始
2007年06月 資本金増資 4,600万円
2007年08月 特注部門新設
2007年11月 京都工場新設 チップ1ライン N2リフロー1ライン
本社工場はチップ7ライン N2リフロー7ラインとなる
2008年12月 ISO14001取得
2009年04月 兵庫県より経営革新計画の承認を受ける
 経営革新計画テーマ
「停電対応LED電球の開発と販売」
2009年06月 新製品レス球発売
2009年11月 財団法人ひょうご産業活性化センターより
「中小企業支援ネットひょうご」成長期待企業
に選定される
2010年07月 京都工場にチップ1ライン N2リフロー1ライン増設
2011年05月 本社工場拡張
 チップ1ライン N2リフロー1ライン増設
2011年11月 バングラデシュ人民共和国に現地法人
Kami Electronics International Bangladesh 設立
2011年12月 近畿経済産業局の「2011 KANSAIモノ作り元気企業100社(基盤技術編)」に選定される
2012年07月 京都工場にチップ1ライン N2リフロー1ライン増設
2014年01月 京都工場設備増強(長尺基板対応:1ライン更新)
2014年07月 代表取締役社長に菓子俊之、取締役会長に池田一一が就任
2016年05月 京都工場増設 建屋面積1,491平方メートルとなる
2016年10月 本社工場設備増強(長尺基板対応:1ライン更新)

社 是

最良の製品で万人の信頼に応えましょう。
We provide reliable products to our customers.

業務の改善を図って社運の発展に努めましょう。
We strive for consistent progress in business and technological innovation.

心身を健全に保って明朗な生活を営みましょう。
We enjoy and maintain healthy and cheerful lives.


守るべき心

顧客を満足させたいと思う心
To fulfill customer satisfaction.

製品を愛する心
To love our products.

QCDの向上へのチャレンジの心
To be challenged for the improvement of QCD(Quality, Cost, Delivery).

常に自己学習、自己改革のできる心
To be always conscious of self-learning and self-improvement.

汗を流し努力を惜しまない心
To keep pushing for our best.

各人の理解と協力の心
To cooperate with each other and keep an environment of good communication.

礼節を守り、謙譲の気持ちを持つ心
To be modest and respect others.

一つ一つの部品を大事にし、自然環境を守る心
To treat each product with pride and care and to protect the natural environment.



ホームページへ会社情報沿革・社是・守るべき心ページの先頭へ